アーバンレックからのお知らせ

カナダ投資管理会社コリアーズ・インターナショナルの2021年第一四半期オフィス系不動産報告書より、アメリカのオフィス系不動産の空室・家賃・吸収などの現状を読み取ります。
コロナパンデミックの為にリモートワークが促進され、空室率は過去最悪となりました。
空室率はあげっているのに、家賃は上昇しています。
なぜでしょうか。その理由や市場の動きにも注目します。
アーバンレックハワイCEO・大野純司が現地よりお伝えします。

※インフレヘッジ:通貨の価値減少に備えて、通貨を不動産などに変えることにより、資産の減少を防ぐ
———————————————————

この記事を動画で見たい方はこちら(高評価ボタンお願いします!)
Youtube版ハワイの投資不動産情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

———————————————————

ブログはこちら
ブログ版ハワイの投資不動産情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

必要なものが、パンデミックで品薄になったり、経済再開で需要が急増したりしていますが、アメリカ政府はまだインフレではないとの見解を示しています。
インフレになった場合、不動産はインフレヘッジになるのでしょうか。
賃貸の場合、売買の場合、不動産の価値やローン金利はどうなるのでしょう。
アメリカの現状を踏まえて、キャッシュフローや内部収益率の変化を検証します。

アーバンレックハワイCEO・大野純司が現地よりお伝えします。

※インフレヘッジ:通貨の価値減少に備えて、通貨を不動産などに変えることにより、資産の減少を防ぐ
———————————————————

この記事を動画で見たい方はこちら(高評価ボタンお願いします!)
Youtube版ハワイの投資不動産情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

———————————————————

ブログはこちら
ブログ版ハワイの投資不動産情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

不動産サイトや不動産テックは、先進国の米国を追って日本でも利用されつつあります。
ソニー不動産が米国最大の不動産サイトのジローやオープンドアのようなiBuyer(ITを使った薄利多売の転売)を始めました。
では、米国の米国第2位の不動産サイトであり、仲介業者としても堅実に業績を伸ばしているレッドフィンのモデルは日本でも成立するのでしょうか。

アーバンレックハワイCEO・大野純司が現地よりお伝えします。
———————————————————

この記事を動画で見たい方はこちら(高評価ボタンお願いします!)
Youtube版ハワイの投資不動産情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

———————————————————

ブログはこちら
ブログ版ハワイの投資不動産情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

全米アパート協会のポーラ・ムンガー氏による講演『在宅勤務の行方』をご紹介します。

アメリカにおける今現在の在宅勤務の比率、学歴別業種別の比率を報告します。
また、パンデミックによって広がる業種間格差、それに伴う学歴別の人口移動、オフィスの利用率、在宅勤務の問題点、それに応える不動産トレンドを解説しています。

5月12日~13日に行われた不動産管理アプリ会社・アプフォリオ開催のウェイブ・サミットより、アーバンレックハワイCEO・大野純司がお伝えします。
———————————————————

この記事を動画で見たい方はこちら(高評価ボタンお願いします!)
Youtube版ハワイの投資不動産情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

———————————————————

ブログはこちら
ブログ版ハワイの投資不動産情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

iBuyerとは、ITを使って買取転売をする薄利多売のビジネスモデル。
日本でもSRE不動産(旧ソニー不動産)がiBuyerのビジネスモデルを導入しました。

市場シェアの拡大による利益を期待していますが、現状ではまだ損が大きい状態です。
米国のiBuyerのOpendoorは、市場拡大の為に買い側のコミッション(仲介手数料)を2.1%まで下げました。
今後、日本の手数料にも影響するでしょうか。
実際の数値を検証し、アーバンレックハワイCEO・大野純司が今後を予測します。

———————————————————

この記事を動画で見たい方はこちら(高評価ボタンお願いします!)
Youtube版ハワイの不動産投資物件情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

———————————————————

ブログはこちら
ブログ版ハワイの不動産投資物件情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

最新の記事
アーカイブ
カテゴリー