アーバンレックからのお知らせ

ハワイ不動産現地レポート/iBuyerは市場シェアを得るためにどれだけ損する覚悟か

iBuyerとは、ITを使って買取転売をする薄利多売のビジネスモデル。
日本でもSRE不動産(旧ソニー不動産)がiBuyerのビジネスモデルを導入しました。

市場シェアの拡大による利益を期待していますが、現状ではまだ損が大きい状態です。
米国のiBuyerのOpendoorは、市場拡大の為に買い側のコミッション(仲介手数料)を2.1%まで下げました。
今後、日本の手数料にも影響するでしょうか。
実際の数値を検証し、アーバンレックハワイCEO・大野純司が今後を予測します。

———————————————————

この記事を動画で見たい方はこちら(高評価ボタンお願いします!)
Youtube版ハワイの不動産投資物件情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

———————————————————

ブログはこちら
ブログ版ハワイの不動産投資物件情報を現地からお届け—アーバンレックハワイ—

最新の記事
アーカイブ
カテゴリー